日常 · 23日 5月 2019
はじめまして ついこの前、鼎研究室に配属された(できた)B4の東山です。 先日、柳川先生とその研究室の方に交じって多摩川河口付近の土壌と植生の調査をしてまいりました。 私は主に植生調査の方に携わりました。具体的な内容としてはあらかじめ指定...

10日 4月 2019
こんにちは、新M2の北島です。 私は現在、イタリアのミラノ工科大学へ1年間の交換留学に来ています🇮🇹 今年の2月中旬に日本を出発し、こちらに来てから早くも1ヶ月半以上が過ぎました。やっとここでの生活やこちらの大学にだいぶ慣れてきた頃だと感じていましたが、もうすぐ2ヶ月なんですね。あっという間です。...

日常 · 31日 3月 2019
こんにちは、M1 の菊池です。 年度末も年度末。今日は平成11111年11月11111日ですね。 あ、失礼いたしました。10進法では平成31年3月31日ですか 今日が平成最後の日だと勘違いする方がいるようですが、改元は5月からのようですね。 それにしても、新元号の発表が楽しみです。 さて、先日東工大でも卒業式がありました。鼎研からは修士2名と博士1名が旅立ちます。...

さて第6の都市はフライブルクという、ドイツ南西部フランス・スイス国境沿いに位置する小さな環境都市にやってきました。高校生の頃、長谷川はこの街に一年ほど留学をしておりました。今回は当時お世話になったホストファミリーを訪ねた形になります。

フランスパリから南東に進むと、エルザス地方と呼ばれる可愛らしい木造家屋の並ぶ地域があります。その中で今回目指したのはストラスブールという都市です。もともとドイツに行くついでに一泊よるだけでしたが、ここでトラブルが発生しました。なんと乗っていたバスがフランスのど田舎でパンク。ストラスブールに着いたのが真夜中になってしまいました。

ブータン滞在日記 · 20日 3月 2019
こんにちは、土居です。3日目以降更新が途絶えてしまいましたが、先日無事に帰国しました。 ということで3~5日目分はまとめて更新させていただきます。

ついに最終章になりましたパリ編最後はクルージングになります。パリといえば世界遺産にもなっているセーヌ川とその沿線が有名ですが、土木を学ぶ者としてはサンマルタン運河も外せません。江戸がその昔河川運送が主流であったように、ここパリでも河川運送が盛んに行われ、小麦や酒が運ばれていました。その経路の一つがサンマルタン運河。高低差25mの道のりを経てセーヌ川へと流れ込んでおります。今回はこの運河クルージングツアーに参加してまいりました。

パリ編2では、パリのセーヌ川にかかる橋をご紹介させていただきます。

ブータン滞在記楽しんで読ませていただいてます。ご飯🍚羨ましい限りですね〜。 こちらはローマからパリまで移動してまいりました。パリは本当に素敵な場所がたくさんあるので、複数構成に分けてお送りしようと思います。

ブータン滞在日記 · 12日 3月 2019
こんにちは、土居です。時間差になってしまいましたが二日目の分を更新します。...

さらに表示する